永井紙店

永井紙店の心構え

常に「お客様のお役に立つ専門店」で
ありつづけることをモットーとしています。

近年は結納品や祝儀袋など御祝い関連商品について、大小様々な小売店やインターネット店舗など幅広い場所でお買い求めいただくことが可能になりました。
ただ、多くの情報があふれる中で、その場所場所で得られる専門的な情報に誤解を招く表現を目にすることがあります。
私たち永井紙店では長年の歴史の中で継承してきた「正しい作法・使用方法」を商品の説明を通じてお客様にお伝えしていくことを使命と考えております。
経験豊富な各スタッフが自信を持ってお答えしますので、なんなりとご質問ください。

祝儀袋、便箋・はがき、扇子等の一般的な紙関連商品の他にも、お香、金箔関連商品など、ギフトとしても喜んでいただける様々な商品を取り扱っております。 これからも日本の文化を継承していく商品を取り揃えるとともに、常に「お客様のお役に立つ専門店」でありつづけることを心構えとしています。

代表取締役 永井 健二

近年の結納式について

当店は年間で約1,000件程度
花婿側・花嫁側のご結納品をお買い上げいただいています。

結納式は花嫁を貰い受けする儀式なので、その日から花嫁は100%花婿側の家族に仲間入りすることになります。
近年は遠方との婚約もとても多いので当店から日通さんを通じて県外にも沢山発送させていただいております。
また、花嫁宅での結納式は住宅の都合で現在は少なくなっております。当店が飾り付けを行い、結納式をさせていただくケースでは、広島での結納式の場としても評判の良い三眉さんや半べえさん、三瀧荘さんなどで行う場合が大半となり、式後はご両家皆様で美味しいお食事を召し上がる会食形式が大人気です。

コンパクトなボックス結納品について

コンパクトな結納品が大人気
形に捉われないお祝いの会とお食事会が多くなっています。

現代の住宅事情もあり、コンパクトな結納品の人気が高い傾向がありますが、中でもおめでたい模様の塗り箱に入れた、抱えて持ち運べるサイズの更にコンパクトなボックス結納品が人気を集めています。
中に包む金額も二人への結婚生活の御祝いとして贈るという意味が強くなり、形に捉われないお祝いの会とお食事会をされる皆様が多いと感じます。
この結納式の場が両家のご家族の初対面となるケースも多いため、気さくな自己紹介をしてからの御祝いの会、記念撮影、祝宴へと進みます。そしてこの日以降も、ご両家の御祝いとして、帯祝い、出産、七五三、入園、入学など、三世代が一緒に過ごす感謝の御祝いが続いていきます。

>>結納品について
>>近年好評のコンパクト結納について
>>祝儀袋・不祝儀袋について
人生三大儀式[結納婚約式・結婚式・御宮詣り]
各種お問い合わせはこちら